リンゴ酸入りの歯磨き粉

MENU

歯に付く汚れは歯垢だけではない

歯には食事ととおして多くの汚れが付き、それが歯垢となり虫歯菌の大好物になってしまいます。落とすためには歯磨きをしますが、歯垢だけが歯の汚れではありません。いわゆる着色汚れも歯の質を落としてしまい見た目にも影響します。

 

ステインや黄ばみなどは普段の食事から発生してしまう

 

予防するよりかは改善に重点を置いた方が効率的です。普段の歯磨きでも落とすことはできますが、細かい部分を落とすのは難しいですし、毎日の汚れを完全に落とし切るのは難しいのが現状です。しかし、重なってくると明らかに歯の色の変化がわかるようになるので、歯磨きの際には歯垢だけではなく着色汚れにも気を配ることが大切

 

リンゴ酸で艶のある白い歯になれる

リンゴ酸

歯の着色汚れや黄ばみに有効な成分がリンゴ酸です。リンゴ酸は健康にも良い成分として積極的な摂取が勧められていますが、実は歯の黄ばみ汚れにも効果的です。リンゴ酸の含まれている歯磨き粉も発売されていますので、白い歯を手軽に手に入れることができます。研磨剤だと歯の表面を削って汚れを落とします。

 

一方、リンゴ酸は歯と着色汚れの合間に浸透して、汚れを浮き上がられていくので歯を削ることがありません。その点でも歯の負担にもなりませんし、体内に入っても問題のない成分なので、歯を白くキープするのに安心の成分なのです。さらに同じような作用の仕方で、歯垢までも浮き上がらせて歯磨きの効率を良くして虫歯予防にもメリットがあります。

 

歯磨き粉なら適切な濃度で安心

歯の表面のエナメル質は硬さはダイヤモンド以上と言われています。しかし、酸に弱い性質でもあります。リンゴ酸も酸の一種ですので、直接歯につけて長時間放置していると、歯が溶けてしまうので注意が必要です。この注意点を考え、適切な濃度と量にコントロールされているのが歯磨き粉です。

 

リンゴ酸入りの歯磨き粉は、歯に影響がない量に余裕をもって配合されていますので、歯を溶かしてしまう心配も不要です。リンゴ酸の美白作用だけを実感できて、酸の負担は押さえているので、いつも通りの歯磨きをするだけで白い歯に導くことができます。直接リンゴの果汁を歯に使うよりも安全性が低く、他の成分で歯も強くきれいにできるのが歯磨き粉なのです。

 

 

>>歯が汚い女性 TOP