歯が汚い3つのデメリット

MENU

歯が汚いと始まる3つのデメリット

歯が汚い女性

歯が汚い、人にこう指摘される機会が私たちには少ないです。単に気を遣っているだけかもしれませんが、本心ではとても不快に思う人も少なからず存在します。生きている以上、歯が汚れてしまうのは自然現象

 

しかし、汚れにも限度があります

 

人目につくほど歯が汚い場合は見方が変わっていきます。悲しい現実ですが、人は見た目で判断します。どんな場所であれ汚れがあるということは汚い証です。歯が汚いというだけで、3つのデメリットが生まれます。

デメリット@彼氏(彼女)に嫌がられる

 

彼氏に嫌がられる

彼氏(彼女)に嫌がられることです。人は会話をしたり、笑ったり、キスをする際に口を開けます。

 

もし歯が汚い相手だったら男でも女でも嫌がるのは当然の結果です。口臭がきつかったり、虫歯を移されそうな気分になります。

デメリットA印象が悪い

 

印象が悪い

歯だけで印象を決めるな、というのは綺麗事です。歯を汚す習慣があるという事実があり、それは今も進行中かもしれない可能性もあります。

 

今以上に歯が汚れてしまえば、嫌でも目につく

 

人は自分にとって嫌な相手・不快な相手には近づかない傾向があります。歯1つで周りから敬遠されるのは時間の問題です。やはり見た目は大事、すぐにでも改善する必要があります。

デメリットB不潔そうなイメージを持たれる

 

何度も言いますが、人は見た目で判断します。口が悪ければヒガミな奴、体が臭かったらお風呂に入っていない奴など悪い方向にイメージされます。歯が汚いことも例外とは言い切れないです。どんなに真面目で優しい人でも、歯が汚いだけで不潔人間という勝手なイメージをされます。

 

この3つのデメリットで、多くの人が損をしています

仕事の商談や、好きな人へのアプローチの際にかなりのネックになります。人に指摘されないからといって、慢心するのは危険です。

 

いつ自分も汚い目で見られるかは予測不可能、日々鏡で歯の色を意識することが重要です。3つのデメリットのうち1つでも当てはまるなら、要注意です。

 

 

>>歯が汚い女性 TOP